大規模修繕について

業務案内

マンションの資産価値を末永く維持するため、そして快適で安心な生活を営むために大規模修繕工事はなくてはならないものです。

マンションは、長い年月がたつと美観が損なわれ、設備面等でも不便を感じてきます。

当社では、プレサンスグループのネットワークを活かし、塗装・防水等の改修工事による建物本来の価値の維持、また、電気・給排水・機械等の設備のリニューアルによる機能回復等を図るための計画的な大規模修繕工事を提案させていただきます。

また、時代の変化に対応するため、社会的ニーズが高い設備や施設の導入等も提案していきます。

>>工事例はこちら

  1. 長期修繕計画・資金計画を立案

    どの箇所をいつ頃修繕するのか、その費用はどれくらい必要なのかを把握し、
    資金計画も含めて長期修繕計画を検討します。

  2. 建物状況を定期的に確認・診断

    日常管理での定期点検、保守、修繕の履歴等、建物の状況を確認します。
    また、適切な時期に建物診断を行い、より的確に状況を見極め長期修繕計画の立案に反映させます。

  3. 総合的な長期修繕工事仕様を企画立案

    建物状況に適した工事仕様を作成。
    さらに施工会社の選定、資金計画、契約書の内容確認などといった総合的な企画立案です。

  4. 工程検査など工事監理業務を実施

    工事の技術・品質・工程を厳格に監理し、検査を行います。

  5. アフター点検・報告

    工事完了後のアフター点検の立会いを行います。大規模修繕工事の中でもアフター点検は、重要項目の一つです。

  6. 次回からの長期修繕計画の見直し作業

    大規模修繕工事の完了後、次回からの長期修繕計画(施工箇所、時期、費用など)の見直しを行います。

ページのトップに戻る